―入院しながら学べる学校―
〒524-0022守山市守山5丁目6番20号
TEL 077−583−5857
FAX 077−583−7543
 E-mail moriyama-sh@shiga-ec.ed.jp
TOP
ごあいさつ
校歌
沿革
教育目標
教育課程
校時表
年間行事
学校評価
施設紹介
児童生徒の状況
転入案内
アクセス
研修会のご案内
教育後援会
教育相談
いじめ防止基本方針
リンク
 教育目標 −Educational Goa

児童生徒が、病気もしくは障害による学習上又は生活上の困難を改善・快復し、
自立を図ることができるよう、医療機関・家庭・地域等との適切な連携を図りながら、
児童生徒ひとりひとりの病状や能力・適性等に応じた教育を行い、
もってたくましく生きぬく力と豊かな心で生き生きと活動できる子どもを育成する。



心身ともに健やかな子
 自ら病気や障害に起因する様々な困難を改善・快復するために、
 必要な知識・技能 ・態度および生活習慣を育成する。

自ら学ぶ子
 自主的な学習態度を養い、基礎学力の充実と向上を目指す。

思いやりのある子
 助け合い、協力する心と豊かな人間性の育成に努める。

(大津分教室のねらい)
 希望(明日に向かって)・共感(仲間と共に)・自律(強く生きる)



◆基礎学力の向上
・行事を精選し、授業時間数を確保する。
・学習指導要領を踏まえ、基礎学力の向上と学習基盤や生活基盤の充実に努める。

◇人権教育の推進
・人権問題についての正しい理解力を培い、人権尊重の精神を養う。

◆教育環境の設備・充実
・学習環境の充実に努め、安全安心な教育環境を整備する。

◇保護者ならびに関係各機関との緊密な連携
・小児保健医療センター、大津赤十字病院、保護者ならびに児童生徒の前籍校や
関係各機関との連携に努める。

研究・研修の充実
・病弱教育の専門性をより一層高めるため、全教職員の研修を計画的に行い、
研修内容の充実に努める。

◇情報教育の推進
・ICTの積極的な活用を図り、病弱教育における情報教育を推進する。

特別支援教育の推進と理解、啓発
・病弱教育を担う特別支援学校として、病弱教育におけるセンター的機能の充実に努め、
併せて病弱教育の理解と啓発を進める。

◇危機管理の充実
・危機管理マニュアルの整備充実に努め、災害・防犯・個人情報保護等に対する意識を
一層向上させるとともに、安全管理と安全教育の充実を図る。

※PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reder(無料)が必要です0
このホームページすべての文書の文責およ著者権は滋賀県立守山養護学校に帰属します
Copyright(C) 2012 滋賀県立守山養護学校. All rights reserved